ご当地介護予防体操「小金井さくら体操」

 

首都大学の教授と市内のリハビリの仲間、社会医学技術学院と市の担当者が協力して、「ご当地介護予防体操『小金井さくら体操』」を7年前に作りました。現在市内30近い会場で500人以上の高齢者が元気に体操を楽しんでいます。また、介護予防リーダー養成への協力の他、昨年5月からは市内リハビリスタッフの会「小金井リハビリ連絡会」の担当スタッフが各会場に出向き、指導や相談、市民への普及啓発を目的とした研修会の開催など、活動の支援を行っています。

2010年03月29日